矯正治療とは

歯がでこぼこ

歯がでこぼこ叢生(そうせい)

叢生とは、歯と歯が重なりあっている「八重歯」や「乱ぐい歯」のことです。
歯の大きさや数に対して、顎が小さく歯が並ぶスペースがなく起こります。

歯ブラシが届かず、歯垢が残りやすいので虫歯や歯周病になりやすいです。

原因

顎が小さく十分なスペースがなく、歯が並びきらない場合や、歯が大きく顎のスペースに並びきらないことが原因となります。

出っ歯

出っ歯上顎前突(じょうがくぜんとつ)

上顎前突とは、上の歯が下の歯よりも突き出ているかみ合わせで「出っ歯」と言います。
上顎が突出しているか、下顎が上顎より後退している状態のことです。
上顎、下顎ともに前に突き出ている歯並びは上下顎前突(じょうげがくぜんとつ)と言います。

歯が出ており口が閉じにくく口の中が乾くので、虫歯や歯周病に注意が必要です。

原因

原因の大半は先天的な骨格性のものであると考えられています。
その他、不良習癖として指しゃぶりや爪を噛む癖、前歯を舌で裏側から押してしまう癖があります。

治療や矯正によって出っ歯を治したとしても、生活習慣が直らない場合は、再び前歯が突出してしまう可能性がありますので、十分注意が必要です。

受け口

受け口反対咬合(はんたいこうごう)
下顎前突(かがくぜんとつ)

反対咬合・下顎前突とは、下の歯が上の歯よりも前に出ているかみ合わせで「受け口」のことです。
しっかりと噛むことができません。

下の歯が上の歯にかぶさって、上の顎の成長を抑えてしまうため、成長するとさらに受け口が目立つようになります。
出来る限り早期に治療することが望ましいです。

原因

原因の大半は先天的な骨格性のものであると考えられています。

その他、不良習癖として指しゃぶりや爪を噛む癖、無意識に下のあごを前に突き出す癖、下のあごを前に出して上下の前歯で噛もうとする癖があることがあります。

治療や矯正によって受け口を治したとしても、生活習慣が直らない場合は、再び受け口になってしまう可能性がありますので、十分注意が必要です。

前歯が噛み合わない

前歯が噛み合わない開咬(かいこう)

開咬とは、奥歯は噛んでも前歯はかみ合わずに上下の歯が開いている状態です。

飲み込みに支障が出たり、口呼吸の原因にもなります。

原因

不良習癖として指しゃぶりや爪を噛む癖、くちびるを噛んだり吸ったりする癖、口呼吸があります。

大きな原因のひとつとして、持って生まれた顎の形態も関わってきます。
このような遺伝が要因の場合、外科的矯正が必要になる場合があります。

治療方法

思春期成長期前の骨格誘導が効果的です。
顎の骨のずれが極端に大きい場合は、外科手術が必要な場合があります。

舌や唇の癖がある場合は、矯正治療と併用して、舌癖の改善トレーニングを行います。

すきっ歯

すきっ歯空隙歯列(くうげきしれつ)

空隙歯列とは、歯と歯の間に隙間がある状態のことです。
小児の段階で治療をすることで、比較的治りやすい症状です。

歯の隙間に食べ物が詰まって虫歯になりやすい傾向があります。

原因

遺伝的傾向として、顎が大きい・歯が小さい・生まれつき歯の本数が少ない・上唇から歯茎につながる小帯(ヒダ)の位置が下まで伸びてきている場合や、舌癖があげられます。

噛み合わせが深い

噛み合わせが深い過蓋咬合(かがいこうごう)

過蓋咬合とは、前歯の噛み合わせが極端に深い状態のことをいいます。
噛み合せたときに、上の前歯が下の前歯に深く被さり、正面から見ると下の歯が隠れてしまいます。

前歯が深く噛み合うと、麺類などの柔らかいものを前歯でうまく噛みきるのが難しく、ゆっくり時間をかけて食べるか、あまり噛まずに食べる方が多いといえます。

口を開けて笑ったりすると、上の歯茎が目立つ方もいます。

原因

原因の大半は先天的な骨格性のものであると考えられています。
その他、不良習癖としてくちびるを噛んだり吸ったりする癖があります。

あと奥歯がないことにより、噛み合わせが深くなることもあります。